Category Archives: 基礎知識用語

障がい福祉事業における基本的な用語集とその説明をわかりやすく解説。

報酬・加算・減算

障がい福祉サービスにおける「報酬」とは、障がい福祉サービス事業所が利用者に対して提供したサービスの対価として受け取るお金のことです。 サービスごとに、「基本報酬」が設定されています。 また、基本ルールを満たした上で、更に … Continue reading

Posted in 基礎知識用語 | Leave a comment

サービス管理責任者

「サービス管理責任者」(通称:サビ管)とは、名前のとおり、障がい福祉サービスの提供に係るサービス管理を行う責任者のことです。 具体的には、利用者の支援の根幹となる個別支援計画の策定・評価、支援サービスに関わる医療機関や行 … Continue reading

Posted in 基礎知識用語 | Leave a comment

常勤換算

従業者の体制を考える時、「常勤換算」という言葉が出てきます。 指定を受けるに当たり、利用者に対して、どのような仕事の従業者がどれだけの人数でサービスを行う必要があるか、サービスごとに人員配置の基本ルールが定められています … Continue reading

Posted in 基礎知識用語 | Leave a comment

常勤・非常勤、専従・兼務とは

「常勤」とは、当該事業所における勤務時間が、事業所において定められている「常勤の従業者が勤務すべき時間数」に達していることを言います。1週間に勤務すべき時間数が32時間を下回る場合は32時間を基本とします。 「非常勤」と … Continue reading

Posted in 基礎知識用語 | Tagged | Leave a comment

指定・指定権者とは

障がい福祉事業を行うには、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(「障害者総合支援法」「児童福祉法」に基づいた許可を得ることが必要です。 この許可のことを「指定」といい、行政から「指定」を受けること … Continue reading

Posted in 基礎知識用語 | Leave a comment